つるのおんがえし

つるのおんがえし

在庫切れ(11月末納品予定) バンコクマダムオフィス受取のみ

   990฿
2017-09-28

閲覧 (470)

つるのおんがえしは、捕えられた鶴を助けた男の家に、人間の女性になった鶴が現れて恩を返すという物語です。日本各地で語り継がれてきた昔ばなしで、その類話は全国で100話し以上にもおよぶといわれています。

この物語には「動物をあわれむ優しい心」、「見てはいけないという約束」、「悲しいお別れ」など、日本民話において重要な意味を持つ要素が多く含まれています。特に薪を売って得た大切なお金を、何の役にも立たない鶴に費やしている主人公の姿には、目先の損得勘定よりも己の善悪を重視する豊かな心が見られます。また、大切な人を心配する優しさゆえに約束を破ってしまう主人公や、自分の体を傷つけてまで恩に報おうとする鶴の姿には、強い葛藤や献身性が見られ大きな感動を生み出しています。

この民話の最大の教訓は「約束の大切さ」です。約束の価値というものは自分だけで決められるものではありません。自分には他愛のない約束でも、相手にとっては非常に重要なことがあります。この民話を通じて、お子さまに約束の大切さが伝われば幸いです。

閲覧した商品

つるのおんがえし

つるのおんがえし

在庫切れ(11月末納品予定) バンコクマダムオフィス受取のみ

閲覧 (470)